日本語english

back number

019

冨井 大裕

既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
冨井大裕
販売価格2,592円(税込)

profile

冨井大裕冨井 大裕
とみい・もとひろ
1973年新潟県生まれ。埼玉県在住。1999年武蔵野美術大学大学院造形研究科彫刻コース修了。第4回アート公募2000審査員大賞受賞。既製品を台座に使用した人型のシリーズを経て、既製品のみを組み合わせた作品に移行、現在に至る。art&riverbank(東京 03,07年)、CAS(大阪 05年)、switchpoint(東京 04-09年)、アーカス・スタジオ(茨城 08年)など、展覧会多数。

作ることの理由
「作る」とはどういうことだろうか。何故、作るのだろうか。作品を作ろうとする者ならば、誰しも一度は頭をよぎることだろう。そして、作り続けることはそれを明らかにするのだろうか。そんなことはない。作られたものは作ることの答えをひた隠し、私たちの目の前で問いを更新し続ける。作ることに答えることは永遠にできない。それでも作ることから離れることができないのならば、到達不可能なその地点への接近を試み続ける他に選択肢はない。


ものをそのままでありながら異なるものとして立ち上げるためには、どのような構造を選べばよいか。ものが与える条件(サイズ、素材、重さ、形、ものが常識的にまとっているイメージなど)から構造は選択される。選ばれた構造は、自身に最適なものの新しい使用法を見つけ出す。新しい使用法は、そのものとその構造のため以外には採用されない。そして、採用されたその時から、使用法は使用法ではない、ものの新たな条件となる。条件とは不自由であり、可能性である。不自由からしか自由は得ることが出来ない。

私は何を作っているのか。作品としかいうことが出来ない。作品とは何であるのか。作品であるとしかいうことができない。作品とは作品であり、それ以上でもそれ以下でもない。ただひたすらに作品であること。そのためには全てが明らかでなければならない。作品は、全てが明らかであってもさらにその奥のわからなさが消えることはない。わからなさは明らかなものの中でこそ抽象的にーそれゆえに直接的にー理解され得る。

作品とはわからないものである。そして、どの様にわからないかという「わからなさの質」を求めるものである。

 

ブックイメージブックイメージ


tsubamebooks store

つばめブックスの購入はこちらから

mail magazine

つばめブックメルマガ購読申込はこちらから
メルマガバックナンバーはこちらから
Info more...

tsubamebooks - Site Rewquirements:
Site Rewquirements:
MAC/PC
1024MHz or faster
512MB RAM available
32BIT COLOUR (millions of colours)

BEST VIEWED IN MOZILLA FIREFOX.
Mozilla Firefox 3.0 or above
Microsoft Internet Explorer 6.0 or above
Safari 3.0 or above on a MAC

FLASH PLAYER 10.0
To download the flash10 plugin go to:
www.adobe.com and follow simple instructions