日本語english

つばめブックストップページ

つばめブックス最新ナンバー

つばめブックス新刊リスト
021

船木菜穂子

定価2,520円/既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
船木菜穂子
販売価格2,592円(税込)

profile

船木菜穂子 ふなき・なおこ 1981年神奈川県に生まれ。02年東京綜合写真専門学校卒業。05-09年galleryArchipelago共同運営。[主な個展]02年ジョンとジョンと(art&river bank)04年ジョンとジョンと(art&river bank)07年あおあおとグリーン(galleryArchipelago)12年みっつの点のきまりごと(switch point)など。清里フォトアートミュージアムに作品収蔵。

私は女性の人物写真と風景写真(あるいは静物、動物)を並列した作品を作ります。 写真を撮る時に行うのは、相手と自分の立つそれぞれの点を探し出す行為です。 そのために、近づいたり離れたり手に取ったり、突き離したり服を着替えさせたり、髪をほどいたりします。 2つの点を探る行為は、セックスが持つ要素に似ていると感じます。 私は男性とセックスをするヘテロセクシュアルなので、写真を撮る相手は逆に女性だけになるのかもしれません。 この作品集は、2012年にswitchpointで行った個展「みっつの点のきまりごと」に合わせて作られました。

Read more...
018

土屋 貴哉

定価2,520円/既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
土屋貴哉
販売価格2,592円(税込)

profile

土屋貴哉 つちや・たかよし 1974年東京都生まれ。東京都在住。01年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。90年代後半より日常のものごとへ最小限の介入をほどこす作品を展開。主な作品に、未使用スポーツ観戦チケットを集めた「小さく前へならえ」、既製品を用いた立体作品「思考の観察シリーズ」、地図の局部を1/1のスケールまで拡大した写真シリーズ「Adjust」など。近年はPCを素材にした「バックルーム」リシーズを展開。

人はいつも自分の見たいように世界を見てしまう、といわれます。けれどこれは、こう見たいとさえ思えば世界はそう見えてくる、という積極的な可能性のあらわれともいえます。 私の興味は、まさにこういった人の知覚の柔軟な性質にあり、私がおこなっていることとは、この人の知覚の可能性をさぐる為の行為のくりかえしと いえます。それは、真実とは何かといったこととは違い、私自身の知覚をとおしてのバリエーションの検証行為であり、目前に溢れるものの間の関係へのウルトララ イトな介入行為として現れます。 このような一連の態度から作られる私の作品たちは、必ずしも特別な方法により作られる訳ではないので、ときに不毛に映るかもしれません。けれど、手荷物は軽いほうがより深くダイレクトにこの世界を眺められるようにわたしには思えるのです。

Read more...
017

稲垣 真幸

定価2,520円/既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
稲垣真幸
販売価格2,592円(税込)

profile

稲垣真幸 いながき・まさゆき 1973年大分県臼杵市生まれ。 1995年東京造形大学造形学部美術学科砧狢感函[主な展覧会] 2003年「VOCA展2003」上野の森美術館 2005年「稲垣真幸展」(岡村多佳夫企画vol.18)アユミギャラリー(東京) 2008年 第四回造形現代芸術家展「変換される視線」東京造形大学附属記念マンズー美術館 2009年「夜のしじまに」文房堂ギャラリイ(東京) 2009年「独釣」switch point(東京)など多数。

描きためたドローイングを、ひとつにつなげて、本にしました。 こどもが拾ってきたドングリやカタツムリ、釣りの途中で巡り合う風景や、庭の木、 生活の中で出会ってきたこれらを、横一列に並べると、私自身でかけたことのない、 旅の記録のような、本になりました。

Read more...
016

木下 恵介

定価2,520円/既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
木下恵介
販売価格2,592円(税込)

profile

木下恵介 きのした・けいすけ 1960年福岡県生まれ。1986年東京芸術学大学院美術研究科絵画専攻修了。1989年文化庁国内研修員、2001年文化庁在外研修員 (アイルランド) 、2010年東京造形大学教授。

最近は身近な物や風景、経験した事なども描くようになりました。それらと90年代中頃からの線の仕事を組み合わせることによって、時間の経過や変化を表現し、いくつかのパーツを組み合わせることで表現できる雰囲気のようなものが、僕にとっては意味のあることだと思います。

Read more...
015

三星 玲子

定価2,520円/既刊/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス
三星玲子
販売価格2,592円(税込)

profile

三星玲子 みつぼし・れいこ 1971年東京都生まれ。1995年武蔵野美術大学大学院修了。1995年「Somebody’s darling」フタバ画廊(東京)、1997年「The Dicky Birds In My Garden」なびす画廊(東京)、「The Greedy Lulu」ガラリアラセン(東京)、1998年「The Custard Spruce」HARAJUKU GALLEREY(東京)、「HONEY REDOLENT OF SPRING」なびす画廊(東京)ほか。

主に木製パネルに下地を2〜3層程度塗り、油彩で描いています。大まかに面を構成し、人物等は面の一部に過ぎません。次第に緑色が深く塗り重ねられ、段々と暗褐色な「森」が出来上がります。人物の白さが引き立つ様に画面が最終的に決まります。面相筆でちまちまと描いてゆくので、全体像がよく分からないまま仕上がることが多いですが、なかなか可笑しい作業で、身体がウズウズとして楽しいんです。「コドモ」を描くことが多いですが、私も「コドモ」みたいなものです。

Read more...
つばめブックバックナンバー
つばめブックス ストア
連載コラム「オンガク」

アウトロ

音楽を巡っての個人的な思い出話、偏屈な思い入れ、軽い思い付きなどを気の赴くままに書き連ねてきたこの「オンガク」なるコラムもここで終了です。(書き手:ハイジマ ノブヒコ)Read more...


連載コラム「オンガク」

オンガク 第85話:夜と日時計

小沢健二「刹那」

「目が覚めたかね」 「ええ。・・・今何時でしょうか?」 「とりあえずまだ朝ではないね」 「すいぶんと冷えますね」 「ああ。・・・まだもう少し休んでいたらどうだい」 「そうですね、そうします」(書き手:ハイジマ ノブヒコ)Read more...


連載コラム「オンガク」

オンガク 第84話:ラヴェル:ソナチネ

サンソン・フランソワ「ラヴェル:ピアノ曲全集 第2集」

物質の/影だけが舞う/真昼かな

(書き手:ハイジマ ノブヒコ)

連載コラム「オンガク」

オンガク 第83話:アイ・ドント・ウォント・トゥ・ヒアー・イット

Minor Threat「First Demo Tape」 Minor Threat「Out of Step」

(究極の楽器/あるいはこの上なく優しいひとつの楽曲/そしてある種最上の音楽メディアとしての)耳栓。

(書き手:ハイジマ ノブヒコ)

See list...
ユーザ名:
パスワード:
ログインを保持しますか
Yes No
mail magazine

つばめブックメルマガ購読申込はこちらから
メルマガバックナンバーはこちらから
Info more...

tsubamebooks - Site Rewquirements:
BEST VIEWED IN MOZILLA FIREFOX.
Mozilla Firefox 3.0 or above
Microsoft Internet Explorer 6.0 or above
Safari 3.0 or above on a MAC